ダウン症児はいつハイハイするの?


ハイハイは通常生後8月頃からする子もいるようです。

基本的に0歳児については個人差がかなりあるので、あまり気にしなくても良いのですが
親としてはどうしても気になりますよね。

ダウン症児は9ヶ月~19ヶ月頃と言われていて、結構長い間ハイハイをしています。


ずりバイからハイハイする子、ずりバイから高バイする子、ずりバイからハイハイをせずにつかまり立ちをする子と色々なのですが、
ハイハイの期間は長い方が良いようです。腹筋を鍛えることが出来るからだそうです。


立ってしまうとなかなか腹筋に筋力をつけるということが難しくなるため
2歳くらいまでハイハイでつかまり立ちくらいでもいいくらいのようです。

とはいえ、子どもが自然と立ってしまった、歩き始めてしまったという場合は
それがその子にとっても最適な時期だったわけなので、気にされなくても良いと思います。


ハイハイの期間が長いので、全然歩かないー!と焦ってしまうこともあるかもしれませんが
あまり歩くための練習というのは考えずに自然な流れに任せた方がいいかもしれません。
しっかり腹筋をつけておいた方が後々の姿勢にもつながっていくと思います。


心配ごとがあれば、療育の先生に聞くのが1番です。
滋賀の場合は月に1度のわいわい教室ですが、子どもの体調不良や用事等で行けないこともあると思いますので、その場合は電話で聞いても回答してくれます。




0コメント

  • 1000 / 1000